現代的な学習方法のeラーニング

インターネットが普及して以降、様々なサービスが登場しています。
正確に言えば、インターネットの接続回線が、ローバンドからブロードバンドへ主流なものがシフトし、データ量の多いものも、瞬時に送信することが可能になりました。
たとえば、動画サービスなども従事し、チャットの延長として、ビデオチャット、あるいは、メッセンジャーソフトを使った、テレビ電話サービスなどが、典型的な事例です。
さらに、レンタルホームページサービスも、かつての数十MBの時代から今では、安価でなおかつGB、ところによっては、TBまでの容量を提供しています。
それは、なにより、インターネットの接続回線が、進歩を遂げ、現在もなお、進化を遂げていることが挙げられるでしょう。
これは、なにも娯楽ものだけに限ったことではなく、自己向上を目指した、学習方法にも、影響を及ぼしています。
それが、eラーニングになります。

eラーニングを端的にいえば、インターネット上のみの学習方法になり、あるサイトに接続し、ビデオで講義を見たり、あるいは、音声を聞き、レポートなどを提出し、一定のコースの履修を行うというのです。
すべて自宅で学習が可能であり、その点が、スクーリングのある通信教育との最大の違いでしょう。
また、学校形態ではなく、各種資格講座、あるいは、教養科目、さらには、語学コースまで設け、学習できるものについて、メジャーなものからマイナーなものを提供しています。
数多くあるeラーニングシステムの中でも、eラーニングのインターネットビジネス・カレッジというサイトで紹介されている、IBC(インターネット・ビジネスカレッジ)は、90年代後半に設立されたものであり、今では老舗の部類に入っています。

ここでは、こんなeラーニングに焦点を当て、お話しています。
代表的なサービスからeラーニングの内容、あるいは、システムとしての特徴、メリットデメリットなどを言及しています。
ここでの記述がお役に立つようであれば、非常にうれしい限りです。